太くて重いクロスバイクのタイヤに飽きてきた人にすすめるタイヤ交換

クロスバイクの位置付けはロードバイクとマウンテンバイクの中間ですが、どちらかというとマウンテンバイクに近いのかもしれません。ブランドや車種にもよりますが、街乗りを前面に出しているチャオだと、やっぱりマウンテンバイクよりだと感じます。

今日のレッスン

先生、クロスバイクの漕ぎ出しが重たいんですけど、なんとかなりませんか?

それはタイヤに原因がありそうだね!

Calamita ciaoについている純正装備のタイヤ

Calamitaチャオは新品で買うと、KENDAというメーカーのタイヤがついているんだ。

ところで、KENDAってブランドのことは知っているかな?そのまま「ケンダ」って読めばいいんだけど、あまり日本ではなじみがないかもしれないね。とくに車に興味のない人だと、まず聞いたことはないよね。一般的な評価としては「アジアンタイヤの安いブランド」という一言で片づけられてしまいそうだ。

じゃあ、実際にKENDAタイヤと日本が誇るBRIDGESTONEタイヤの2つを実際にくらべてみよう!

まったく同じサイズではないし位置付けの製品じゃないから、単純に比較するのは難しいけど参考にしてみてね。

created by Rinker
ケンダ(Kenda)
¥11,420(2021/11/27 15:11:05時点 Amazon調べ-詳細)

同じタイヤでもメーカーによってこんなに違って、KENDAは半額ほどの値段で買うことができるんだよ。ものによっては日本製の1/3~1/4の値段で買えるケースだってあるんだ。

チャオについているタイヤには、「KENDA」という名前しか入っていないから、細かいことは分からないけどたぶんこれじゃないかなって思ってるよ?

created by Rinker
ケンダ(Kenda)
¥4,280(2021/11/27 15:11:07時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ブリヂストン(BRIDGESTONE)
¥4,880(2021/11/27 17:23:18時点 Amazon調べ-詳細)

自転車のタイヤだとほとんど変わりませんね!

超高速で走るわけでもないし、レースで使うわけでもないし、あまり気にしなくてもいいかもね

標準装備されているタイヤのメリット・デメリット

標準装備されているタイヤについてはとくにメリットになることってないんじゃないかな?そのかわりデメリットになることもそんなにないんだ。

すこし無理をして挙げるとすれば、きちんと溝があってゴツゴツしたタイヤだから砂の上なんかも気にせずに走れることはメリット。ゴツゴツしすぎていて、太いのでペダルを漕ぐときに重たく感じることはデメリット。こんなことが一般的には言われているよ。

メリットもデメリットもあるんですね

そうだね、だから余計にどこで妥協するかも大切なんだよ!

自分がどこを目指すのかによって自転車って大きく変わるし、自分にとっての理想を完璧に求めすぎていてはキリがないんだよね。

【まとめ】漕ぎ出しだけを直したいなら細くて溝のないタイヤがベスト

タイヤを変えることでフィーリングって大きく変わるんだよ

車とは違って、自転車は乗っている人の漕ぐ力がそのまま推進力になるので、タイヤの転がり抵抗ってけっこう重要になるんだ。あと漕ぎ出しの重たい自転車って、漕ぐのも大変だよね?

そんなときはタイヤを変えてあげるといいよ。

とはいっても、タイヤの径の大きさ(ホイールの大きさ)は簡単には変えることができないので、タイヤの太さを細くして、溝のないタイヤをつけてあげることで転がり抵抗が小さくなって、結果的に軽い力でも楽に漕ぎ出しができるようになるんだ。

でもホイールには取り付けできるタイヤの適正な幅というのがあるから、どんなサイズ(太さ)でも付けられるわけじゃないから気を付けてね。

もし乗っている自転車の漕ぎ出しが重たいなと感じたらタイヤの幅を変えたり、溝のないタイヤをチョイスすることでフィーリングが大きく変わるようです。ただ、どんなものにも適正値というものがあって、大きく逸れるとケガにつながる恐れもあるので気を付けたいですね。

最新情報をチェックしよう!