当ブログはアフィリエイト広告を使用しています

ドリンクボトルは部品交換のできるタイプを買うのがいちばん理想的

スポーツ自転車に長時間乗る人は、ほとんどの方がドリンクボトルを持っています。

大きさ、カラー、ブランドいろいろありますが人によって選ぶ基準もさまざまです。

どんなドリンクボトルがいいのか考えてみました。

本日の雑談

ドリンクボトルってどんな基準で選んだらいいのか分かりません。

適当に選んだことがありますが、分かったことがあります。

ドリンクボトルについて

ドリンクボトルってあったほうが便利なのですか?

絶対必要なアイテムとは言えませんが、持っておいた方がいいです。

ドリンクボトルは少しだけですが、保冷・保温が効くように設計されています。

気休め程度ではありますが、ないよりはあった方がいい機能です。

簡単に言ってしまえば、水筒として使われるのがドリンクボトルです。

自転車に取り付けるボトルケージは、ボトルの太さにピッタリに作られています。

ペットボトルだと、段差などで自転車が跳ねたときにかんたんに抜けてしまうのです。

せっかくボトルケージを付けるなら、ペットボトルよりもドリンクボトルを携行すると使い勝手はさらに良くなります。

ボトルのラインナップはとても豊富

ドリンクボトルってたくさんの種類がありませんか?

たしかにそれは言えます。
あれだけ多いとさすがに迷ってしまいます。

ドリンクボトルのラインナップはたくさんあるので、自分のフィーリングで選べばいいです。

色、形、大きさ、飲みやすさなど選ぶポイントはいくつかあります。

僕は赤色が好きなので、2本とも赤色が入っているものを選びました。

created by Rinker
キャメルバック(CAMELBAK)

容量はある程度大きめのものを買っておいた方が使い勝手がいいです。

自分がライドする距離にもよりますが、だいたい600~700mlくらいは欲しいです。

邪魔にならない大きさ、飲みきれる大きさを選ぶといいです。

また、ライド中に全部飲んでしまって途中で補給するときにペットボトル1本分、そのまま全部移し替えることができる量もポイントの1つです。

ドリンクボトルは「oz(オンス)」で表記されているものも多いです。

日本では馴染みがありませんが、20ozが600~700mlに当たります。

あとは、保冷効果の高いボトルほど値段は高いので、目的や時期をよく考えてから購入すべきです。

ボトルを選ぶときに重視すべき点

ほかに選ぶポイントはありますか?

実用的な面で2つのポイントがあります!

ボトルを2本持って思ったことは、それは容器内側の洗いやすさが大切だということです。

洗いにくいところって、やっぱり汚れが溜まりやすい。

だから容器内部はフラットな面のほうがいいのです。

そのまま放置しておくとカビがはえたり、衛生的にもよくありません。

こまめに手入れをすることが嫌な人は、内部に凸凹があるボトルは避けた方がいいです。

もう1つはキャップの替えがあるかどうかも大切です。

キャップはふつうの水筒と違って、分解してメンテナンスができません。

ボトル内部以上に洗いにくくて、汚れやすいので、古くなったキャップだけ買い替えたいケースも出てきます。

ボトル1本を買い替えるよりも少しだけ経済的だったりします。

【まとめ】ドリンクボトルは交換パーツがあるのを買うべき

実用的なものだからこそ、使い勝手で選ぶべきです。

ドリンクボトルを選ぶ基準は人それぞれです。

とは言え交換パーツが販売されているようなメジャーなタイプのものを選んでおいた方が無難です。

パーツが壊れた、汚れてきた、ストックが欲しいときなどシチュエーションはいろいろ。

一般的なボトルであれば、保冷・保温機能にそこまで大差はないので、気にしなくていいです。

自分のクロスバイクのカラーに合ったものを探すのも楽しいですよね。

最新情報をチェックしよう!