クロスバイクのサイドスタンドを取り付けるメリット・デメリット

クロスバイクを購入すると取り付けをすすめられるパーツの1つがサイドスタンドです。

つけた方がいいのでしょうか、メリット・デメリットを考えてみました。

今日のレッスン

スポーツバイクのサイドスタンドって必要なの?

やっぱりあった方が楽だよね。
もう一度メリット・デメリット考えてみよう!

サイドスタンドについて

サイドスタンドの役割ってなんだろう?

役割は1つだけ!駐輪するときに使うだけだよね

駐輪するとき以外の機能は残念ながらありません。

最近は、ロードバイクやクロスバイクに乗る人も多くなってきてました。

スポーツバイク用のサイクルスタンドが置いてあるところも珍しくありません。

だから、サイドスタンドがなくてもあまり不自由することがありません。

自転車を支えられるようなものや壁がない場合は困りますが、だいたい何とかなることが多いです。

高額なロードバイクであれば別ですが、クロスバイクであればそんなにナーバスになる必要はありません。

考えられるメリット・デメリットについて

ほかには何かメリットってあるかな?

実はデメリットの方が多くあるかもしれないね

よく言われるのは車両重量が増えてしまうことですが、いろいろ考えてみます。

メリットデメリット
・どこでも駐輪ができる・車両重量が増えてしまう
・立てたままでもちょっとしたメンテナンスが可能・見栄えがイマイチ悪くなってしまう
・スタンドを買うことが余計な出費になる
・スタンド取付箇所は車体に傷が残る

とくに大きなメリットもデメリットもありません。

あとは個人の感覚の問題になってきます。

通勤・通学だったり、近距離の移動だけであれば、サイドスタンドは付けた方がいいです。

ロードバイクに近い感覚で使うのであれば、スタンドはあまり付けるべきではありません。

【まとめ】思い切ってつけないのがベスト

サイドスタンドは付けていた方が間違いなく楽です。

付けるメリットはそんなに大きなものではありませんが、デメリットもそんなにありません。

クロスバイクでは思い切って付けないくらいの方がいいものです。

駐輪のときに少し大変にもなりますが、困ってどうしようもないということはありません。

とくにこだわりがない人であれば、思い切って付けないで乗ってみるのも1つです。

もう一度メリット・デメリットをおさらいしてみます

メリットデメリット
・駐輪場所を選ばない・取付箇所に傷が付く
・立てたままメンテナンス可能・車重が増える
・出費が増える
・見栄えが悪い

数だけで言えば、デメリットの方が多いので僕は思い切って外しました。

意外とそんなに不便はしていません。

僕は見た目重視なので思い切って外しました。
そんなに困ることは今のところありません。

最新情報をチェックしよう!