エアバルブを回しすぎて取れてしまった経験を持っている人は多いはず

通勤や通学でクロスバイクを使っている人は多いです。

一番手軽にできるメンテナンスは空気圧の管理だとよく言われます。

簡単にできることですが、実はとても大切なことだったりします。

今回は、乗る前に空気圧チェックをしていたなかトラブルが起きてしまいました。

僕のミスですが、同じことを経験したことのある人も多いはず。

今日のレッスン

エアバルブを回していたら取れてしまいました

経験したことのある人も多いよね、でも大丈夫だよ!

簡単に抜けてしまったエアバルブのパーツ

エアバルブは実はこんなに小さいのです。

写真は見やすいように拡大表示しています。

タイヤに空気を入れるときによく触っていますが、こうして見るとやっぱり小さいです。

取れてしまった原因は、回しすぎた(緩めすぎた)ことです。

エアバルブが取れてしまい、それと同時にタイヤの空気が全部抜けてしまいました。

「プシュー」という音と同時にタイヤが潰れてしまったので驚きました。

でも、壊れてしまったわけではないので、落ち着いて対処すれば大丈夫です。

手ではめ直すのは難しい

手でもう一回はめ直そうかと思ったんですが無理でした

専用工具があるとかんたんに直すことができるよ

正式な名称は「バルブコアツール」というものです。

いろいろな形をしたものが各メーカーから発売されていますが、六角形のものが多いです。

とても小さくて持ち運びには便利ですが、無くしやすいから注意も必要です。

何個かセットで売られていることもあるので、ストックは必ず持っておくことをオススメします。

今回は2個セットで売られているものを買ってみました。

使い方はバルブコアツールで回すだけ

使い方はとてもシンプルなので、工具やメカに詳しくなくても問題なく使えます。

バルブコアツールってどうやって使えばいい?

今回のパナレーサーのタイプは回すだけでOKだよ

上から覗くとすぐにわかります。

片方はネジ山が切られていますが、もう片方は何もありません。

ネジ山が切られている方をバルブに差して回せばいいだけの話です。

拍子抜けするほど簡単で、手の力で十分対応ができます。

【まとめ】バルブコアツールは必携すべきアイテム

バルブが外れたときに使うのはバルブコアツールというアイテムでした。

バルブコアツールがないとバルブをはめ直すことができないから必携のアイテムです。

Panaracerのバルブコアツールはバルブキャップの役割も果たしてくれるので持っておいても損のないアイテムです。

手頃に買うことのできるアイテムの割には、使う頻度は高いです。

エアバルブは外れやすいから、回すときは注意が必要です。

もし外れてしまっても、落ち着いて対処すれば大丈夫です。

また、バルブは折れやすいパーツだからきちんとまっすぐ取り付けをしましょう。

さらなるトラブル発生は防止すべきです。

【補足】今日のオススメの一品!

最新情報をチェックしよう!