クロスバイクならディレイラーのグレードはあまり気にしなくて大丈夫

クロスバイクやロードバイクの価格を決める大きな要素の1つがディレイラーと言われています。

フロントシングルのチャオにも、ディレイラーはきちんと付いています。

みなさんのクロスバイクにはいったいどんなものが付いているでしょうか。

今日のレッスン

ディレイラーってどんなパーツのことなの?

大まかに言ってしまえば、変速機のことだよ。

ディレイラーという自転車パーツについて

ディレイラーとはギアの変更をおこなう変速機のことです。

チャオはフロントが1枚のフロントシングルの自転車でした。フロントは変更できないので、リアディレイラーのみがあるのです。

ディレイラーは英語で「derailer」と書きます。

「derail(脱線)+主体となる人・ものを意味するer=derailer」

あえて難しく言うと、つながっているチェーンを脱線させて変速を行うパーツのことです。

ディレイラーはどこについてるんの?

リアディレイラーはうしろのギアのところにあるんだ!

チャオのリアディレイラーは「ALTUS」というグレードです。

写真のように、誰でも分かるように書かれています。

車体価格は使っているディレイラーのグレードによって、大きく変わると言われています。

ディレイラーのグレードは意外と豊富

ディレイラーのグレードってそんなにたくさんあるの?

あるけど、クロスバイクで使われるグレードはだいたい2個だよ。

上級モデルがクロスバイクで使われることはあまりないです。しかも、マウンテンバイク(MTB用)のディレイラーが使われていたりすることも多いです。

国内でもよく使われているShimano製のディレイラーを上のグレードから順番に挙げていくと、

  1. XTR
  2. DEORE XT
  3. SLX
  4. DEORE
  5. AVIVIO
  6. ACERA
  7. ALTUS(クロスバイクで多く使用)
  8. Tourney

これだけたくさんのラインナップがあります。

「モノ」の良し悪しはありますが、1ランク2ランクくらいのグレード差なら違いをほとんど感じとれません。

チャオは下から2番目のグレード「アルタス」ですが、コストパフォーマンスは高いです。

街乗りレベルならぜんぜん問題なく使うことができます。

チャオ以外のクロスバイクで使われているディレイラー

実際にほかのクロスバイクと見くらべてみよう!

王道のGIANTもチャオと同じグレードのALTUSが使われています。

引用 GIANT

ブリヂストンのクロスバイクとしてメジャーな存在のシルヴァもALTUSでした。

引用 ブリヂストン

こちらも負けずにメジャーなFELTのVerza Speed50というモデルもALTUSでした。

引用 Riteway

これらのクロスは5~7万円くらいの販売価格です。

ということは、結果的に同じグレードのパーツが使われているケースが多いということです。

【まとめ】クロスバイクはディレイラーだけでは選べない

クロスバイクを選ぶ時には、リアディレイラーだけで選んではいけません。

というより、同じグレードのものが使われているからディレイラーだけで選ぶことはできません。

ぼくたちはプロじゃないから、多少の違いなんて分からないんだ。

主要メーカーのクロスバイクのリアディレイラーはALTUSでした。

Shimano製のディレイラーは高品質なことでも有名です。

ディレイラーの違いでクロスバイク選びをするのは現実的ではないので、ほかのポイントで選ぶべきです。

クロスバイクのディレイラーにはたくさんグレードがあることが分かりました。ほとんどがShimanoのALTUSですが、質的にも全然問題ありません。

最新情報をチェックしよう!