シュワルベのコジャックはスリックタイヤなので寿命が気になるところ

スポーツ自転車に乗るまでシュワルベというタイヤのブランドがあることは知りませんでした。自転車の世界ではとてもメジャーな存在のようです。先日、タイヤ交換についてレクチャーをしましたが、その続きの話になります。

今日のレッスン

先生スリックタイヤって溝がないんですけど、やっぱり寿命は短いんですか?

スリックタイヤだから寿命が短いということは聞いたことないよ

シュワルベのコジャックってこんなタイヤ

「シュワルベのコジャック」と言われてもいまいちピンと来ないよね?

シュワルベ(SCHWALBE)というブランドのKOJAK(コジャック)という銘柄のタイヤのことを言うんだ。スリックタイヤと呼ばれる溝のないタイヤなんだ。

モーターレーシングの世界で使われるスリックタイヤと同じなんですか?

そうなんだよ、でも自動車や二輪車は公道では履けないけど自転車は公道での使用もOKなんだ!

先生は、サイドウォールのロゴがお気に入りなんだよね。

古くなってくるとダメだけど、新しいあいだは「SCHWALBE」、「KOJAK」には蛍光反射塗料が塗られているんだ。それに加えて、サイドのパターン模様も格好良く見えないかな?

スリックタイヤだから、もちろん溝はないんだよ。

スリックタイヤのメリット・デメリットについて

スリックタイヤを履くことでデメリットはないんですか?

実はメリットもデメリットもあるんだよね。

先生が実際に乗り比べてみて感じたメリットとデメリットを挙げてみるね!

メリットデメリット
・転がり抵抗が小さいので漕ぎだしが楽・市販ラインナップが少ない
・ロードノイズが小さい・ロードノイズが大きい
・タイヤ重量が軽い傾向にある・タイヤ重量が重い傾向にある
・濡れた路面だと不安が大きい・悪路でもあまり気にせず走れる

もちろん人によって感じ方は違うし、自分が好んで乗ることができるなら、それはそれでアリなんじゃないかな。

スリックタイヤの寿命はほんとうに短いのか

先生はスリックタイヤだから寿命が短いとは感じてないんだ。ただ、重量が軽いようにタイヤ自体が肉薄に製造されているかもしれないとは感じているよ。そういった点では寿命が相対的に短かったり、パンクのリスクも高くなるよね。

そして、表面のクラックが大きくなっていくのも気になるところだよね。スリックというよりは製造工程における問題とも考えられるけど、実際にそういったトラブルが発生している以上は見逃せない問題なんだ。

たしかに海外で安く作られているので、製造工程の問題は否定できませんね。

起きたトラブルはけっこうヘビーで、早めの交換が必要かもしれないね。

当たり前だけど、買って間もないころは表面も、サイドウォールもきれいだったよ!

しばらく経つと路面に接するところとは少しズレたところからクラックが出てきはじめたんだ。

それから、クラック同士がくっついて点が線に変わっていくような感じになっていったんだ。

それでも無視し続けて乗っていると、こんな風にパックリいってしまったんだ。

今回のトラブルは製造上の問題かもしれない

こんなトラブルが起きたら怖いですね。

先生は肉薄に成形した製造上の問題ではないかと思っているよ。理由を紹介するね。

スリックタイヤだからこういったトラブルが起きたとは言えない部分もあるから、客観的に見ることのできる目を持っておきたいところだね。そのための素材をいくつか出しておくよ。

ホイールリムの近くが剥離してしまって、タイヤ表面の繊維が1本ずつ剥がれていってしまってる動画だよ。いまのところ、走行には特に影響はないけど、やっぱり全開でペダルを漕ぐときには躊躇してしまうよね。

次はタイヤクラックが大きくなってしまっている動画だよ。

パンクにもつながりかねないクラックの大きさだよね。

タイヤの表面はやっぱり薄いかもしれないね。

内側の被膜が完全に見えてしまっているけど、これは明らかに良くない。

【まとめ】スリックだから寿命が短いわけではないが劣化は気になる

いろいろな写真と動画でもわかるように、スリック特有の問題ではなくって製造工程における問題があるってことだよね。

走行中に大きなトラブルに繋がらないように日ごろからメンテナンスというより、走行前のチェックはしっかりしておきたいね。タイヤの表面に何か問題があれば、すぐに分かるはずだよ。

スリックタイヤは漕ぎだしも軽くて、ロードノイズも小さめ、メリットの多いタイヤだから、好みで使い分けるといいよ。溝のあるタイヤも、スリックタイヤもトラブルに対応できるように新品のストックは数本用意しておこう。

目安としてはタイヤ1本、チューブ2本くらいのストックが邪魔にもならず理想的かな。

今日はスリックタイヤのメリット・デメリットを含めて教えてもらいました。実際のトラブル事例を混ぜて教えてもらいましたが、スリックだから起こるトラブルではなくて、構造自体だったり製造上の問題におけるトラブルだったようです。タイヤはトラブルが起きやすいのでストックは数本用意しておきたいですね。

created by Rinker
ケンダ(Kenda)
¥4,200(2021/10/24 05:57:37時点 Amazon調べ-詳細)
最新情報をチェックしよう!