自転車用ヘルメットに対する補助金があることはあまり知られていない事実

先日、ヘルメットのレッスンをしたときにヘルメットの購入のときに助成金が出ることを知りました。少しびっくりしましたが、もらえるものはもらっておきたいということで本日は少しリサーチしてみたいと思います。

今日のレッスン

ちゃお先生、ヘルメットを買う時に助成金が出ると聞いたんですが本当ですか?

実は先生も知らなかったんだ、いい機会だし一緒に調べてみようか!

ヘルメット購入助成金のソース

先生、どこでそんなことを知ったんですか?

愛知県のホームページを見たときにたまたま気が付いたんだ。

2,000円を上限としてヘルメットの購入代金の半分を負担してくれるという内容のものなんだ。上限が2,000円だから、4,000円以上のヘルメットを買ったとしても2,000円しかキャッシュバックがされないということだから気を付けよう。

愛知県内の各自治体で取り組みが行われているけど、自分の住んでいる市町村がきちんと載っているか確認してみてね!あと、場所によって受付開始日が違うから要注意だよ。

  • 名古屋市
  • 一宮市
  • 瀬戸市
  • 春日井市
  • 犬山市
  • 江南市
  • 小牧市
  • 稲沢市
  • 尾張旭市
  • 岩倉市
  • 清須市
  • 北名古屋市
  • 豊山町
  • 大口町
  • 扶桑町
  • 豊明市
  • 日進市
  • 長久手市
  • 東郷町
  • 津島市
  • 愛西市
  • 弥富市
  • あま市
  • 大治町
  • 蟹江町
  • 飛島村
  • 半田市
  • 常滑市
  • 東海市
  • 大府市
  • 知多市
  • 阿久比町
  • 東浦町
  • 武豊町
  • 岡崎市
  • 碧南市
  • 刈谷市
  • 豊田市
  • 安城市
  • 西尾市
  • 知立市
  • 高浜市
  • みよし市
  • 幸田町
  • 豊橋市
  • 豊川市
  • 蒲郡市
  • 新城市
  • 田原市

今回の助成金の注意ポイントについて

2,000円も助成金が出るなら、たくさん利用したいですね!

でもね、実は全員がもらえるわけではないんだよ

注意点がいくつかあるんだけど、まず補助対象者が限定されているよ。

  • 満7歳上、満18歳以下の児童(および保護者)
  • 満65歳以上の高齢者

ともに2022年3月31日時点での年齢で、さらに愛知県に住んでいることが条件になっているんだ。

安全基準を満たしていることも必要になるよ。

マーク内容
SG一般財団法人製品安全協会が安全基準に適合することを認証
JCF公益財団法人日本自転車競技連盟が安全基準に適合することを認証
CE欧州連合の欧州委員会が安全基準に適合することを認証
GSドイツ製品安全法が定める安全基準に適合することを認証
CPSC米国消費者製品安全委員会が安全基準に適合することを認証

この点に関しては、国内で流通しているヘルメットなら、どれかの認証はもらっているものが大半じゃないかな。

【まとめ】条件付きのヘルメット助成金制度は活用すべき

条件を満たせばということにはなりますが、助成金がもらえるのなら活用したいよね。

年齢と安全基準を満たしているかはとくに注意しておくようにしよう。

ヘルメットの助成金はまだまだ全国レベルではなくって愛知県が独自の取り組みとしてやっていることなんだ。愛知県以外だと、石川県白山市(上限1,000円・SGマークのみ)、神奈川県厚木市(上限1,000円)なんかでも取り組みがされているよ。早く全国に拡がって欲しいね!

愛知県内在住の人が対象にはなりますが、ヘルメットを購入するときに助成金がもらえるようになっています。条件はいくつかありますが、せっかくもらえるのであれば申請したいですね。安全普及のために始まった素敵な制度だと思います。

最新情報をチェックしよう!