自転車のライト点灯はストロボではなく明るすぎるくらいがちょうどいい

気候が秋めいてくると日が沈む時間が早くなってしまい、学校帰りや仕事帰りにはもう暗くなっているなんてこともよくあります。道路を走れば、歩行者だったり、車だったり、危険が多くあります。加害者にも、被害者にもならないようにするために気を付けることってなにがあるのでしょうか。

今日のレッスン

暗い道をライトを点灯ではなくてストロボ点滅させている人を見かけると、格好いいなと思うことがあるのは僕だけでしょうか?

確かに格好良く見えるんだけど、安全面では実はあまり好ましくないんだよ

本日使用したフロントライト

自転車用のフロントライトってはたくさん売られているんですけどオススメはありますか?

やっぱりコスパが高くて、買いやすい価格帯のものが一番いいよね!

フロントライトは性能というよりは明るさで価格が大きく違うんだ。あと、電源がUSB充電タイプなのか乾電池タイプなのかによっても変わってくるよ。

先生は、USB充電タイプで200ルーメンくらいの明るさを持つライトであれば、基本的には大丈夫だと考えているよ。だから、CATEYEというメーカーのVOLT200というライトを使っているよ。お財布事情もあると思うから最初はこれくらいで抑えておくのがいいんだ。

市街地では十分な明るさだけど、深夜の山道とかだともうワンランク上のライトの方をオススメするよ。

created by Rinker
キャットアイ(CAT EYE)
¥2,941(2021/10/23 14:05:27時点 Amazon調べ-詳細)

3段階の明るさを比較

VOLT200は明るさを3段階で調節できるんだけど、それぞれ見てみよう。今回は、ガレージの5m手前くらいで撮影している動画になるよ。見比べてみると、違いが分かって面白いんだ。

まずはロービーム(下向き)

次はハイビーム(上向き)

次はストロボ発光(点滅)

こうやって見せてもらうと違いがはっきりわかりました!

分かりやすいよね、どれが一番安全かもよく分かったんじゃないかな?

念のため、写真も見比べてみよう。

こちらはロービームの画像だよ。

こちらはハイビームの画像になるよ。これでよく分かったんじゃないかな?

【まとめ】たとえ市街地でも夜間はハイビームが理想的

動画を見て、よく分かるようにやっぱりハイビームが理想的

それぞれの動画を見てもよく分かるように、やっぱりハイビームが安全面では一番いいってことがよく分かるよね。とくに、市街地は自動車や歩行者もよくすれ違うから、「ここに自転車がいますよ!」という注意喚起も含めて目立つようにしておくことがなによりも大切になるんだ。

今日はフロントライトの紹介をしたけど、できればリアのライトの装着もするとより安全だよ!

スポーツ自転車がフロントライトをストロボ発光させて走行している様子を見ると、めちゃくちゃ格好いいなって思ったりしますけど、やっぱり安全面ではあまり良くないんですね。ハイビームを付けて安全に走行したいと思います。

created by Rinker
キャットアイ(CAT EYE)
¥2,941(2021/10/23 14:05:27時点 Amazon調べ-詳細)
最新情報をチェックしよう!