サドルを変えるのは軽量目的ではなく乗り心地をマイルドにするため

コテコテのレース仕様のスポーツ自転車であれば、いろんなパーツを軽量化していくことが必要になってくると思いますが、街乗りで使うのであれば1つ1つのパーツの重量に対してそんなにナーバスにならなくても大丈夫です。とはいっても、街乗りに適したクロスバイクは初期重量はけっこうあるものです。

今日のレッスン

ちゃお先生、サドルで軽量化を図ることってできるんですか?

たしかにできるんだけど、あまり現実的ではないし、優先順位は低いはずだよ。

自転車のサドルの重さについて

スポーツ自転車のサドルは、もともとある程度はすでに軽量化されているからあまり重たくないんだ。

サドルってどれくらいの重さなんですか?

先生がもっている自転車のサドルがどれくらいの重さなのか実際に測ってみよう

クロスバイクのチャオはメインステージが市街地を想定しているから、どちらかというとマウンテンバイクに近くて、少々荒れた路面でもできるだけ快適に乗れるように配慮しているんだ。

写真を見るだけでも、ちょっと肉厚なサドルってことが分かるんじゃないかな?これだけのサドルでも、初めて乗る人にとってはお尻が痛くなってしまうレベルなんだ。

旅行用のラゲージチェッカ―で測ってみたら、純正サドルの重さは330gだったよ。

ロードバイクで使っていたサドルについて

なにか比較する材料欲しいと思って、ロードバイクに付けていたサドルの重さを測ってみたんだけど、340gだったよ。

このサドルは、ロードバイクを譲り受けたときに付けてくれていたサドルが古かったので、新しく汎用品のサドルを試しに買ってみたんだ。

ロードバイクだと軽いイメージがあるんですけど、そうでもないんですね。

快適さをメインにしているサドルだから重たいんだよね

SELLE ROYAL(セラロイヤル)というブランドのR.e.med(リメッド)というサドルなんだ。どちらかというと快適志向の強いサドルだから、チャオの純正サドルに負けないくらい重たかったのかもしれないね。

上の方がリメッドというサドル、下がチャオの純正サドルだよ。リメッドの方が少しだけ長いんだけど、センター部分をくり抜いていることもあって、重量はほぼ同じなんだ。

【まとめ】サドルの重さ自体はそんなに気にするべきでない

スポーツ自転車は軽い方が理想的だとよく言われるよね。

でも市販のパッケージって、トータルバランスがうまく取れた状態で売られていることが多いから、なにかパーツを変えることで違和感を感じるようになってしまったなんてこともよくあるんだ。

とくに、肉厚で比較的乗り心地がいいサドルを軽量化しようと思うと、カチカチのサドルくらいしか選択肢がなくて、軽量化の代償として乗り心地の悪さが出てしまうことがよくあるんだ。だから軽量化をどうしてもしたい場合は、サドルではなくて、ホイールだとかタイヤ(チューブ)に目を向ける方が現実的なんだ!

スポーツ自転車のサドルって硬くて、乗り心地を犠牲にしているケースも多いですよね。サドルを軽量化するということは、乗り心地としてはさらに悪くなってしまうので、タイヤやホイール周辺から軽量化していった方がいいみたいですね。

created by Rinker
SELLE ROYAL (セラロイヤル)
¥2,200(2021/10/24 05:59:07時点 Amazon調べ-詳細)
最新情報をチェックしよう!