• 2021/09/24
  • 2022/02/24

サドルを変えるのは軽量目的ではなく乗り心地をマイルドにするため

コテコテのレース仕様のスポーツ自転車なら、パーツの軽量化が必要になってきます。 街乗りに使うのであればパーツの重量に対して、あまりナーバスになる必要はありません。 とはいっても、街乗りに適したクロスバイクの重量ってけっこうあるものです。 今日のレッスン 自転車のサドルの重さについて スポーツ自転車のサドルは、ある程度はすでに軽量化されているからあまり重たくありません。 クロスバイクのチャオはメイン […]

  • 2021/09/23
  • 2022/05/24

体が透けて見えないサイクルジャージ選びをするのが大人のエチケット

夏の季節の日中は暑く、半袖のサイクルジャージを着てライドする人ばかりです。 通気性のいい生地だからこそ、体が透けて見えるのが気になったりするもの。 みなさんはどのように着こなしされていますか。 今日のレッスン 半袖サイクルジャージはもともと生地が薄い 半袖のサイクルジャージは通気性や速乾性をウリにしているものが多いです。 ということは自然と、生地は薄くて、そのぶんだけ体が透けやすいとも言えまするよ […]

  • 2021/09/21
  • 2022/02/23

樹脂製ボトルケージは破損しやすいのでアルミ製のものがオススメ

マストアイテムではありませんが、あった方が間違いなく便利なパーツにボトルケージがあります。 いろんなブランドの、いろんな形状のものが販売されていて、迷うことも多いです。 今日のレッスン ボトルケージというパーツについて ボトルケージというのはドリンクボトルをホールドしておくパーツのことを言います。 ケージはcage、「カゴ」を意味します。ドリンクボトルを入れておくカゴと考えていいです。 ダウンチュ […]

  • 2021/09/21
  • 2022/02/23

Calamitaチャオが街乗りメインのクロスバイクだと言われる理由

よく自転車にはカタログスペックというものがあります。 インターネットで車種について調べていくと、こんなパーツが使われている、こんな特徴があるといったことが書かれています。 カラミータのチャオは平たんな街乗りがメインと書かれていますが、理由を考えてみました。 今日のレッスン チャオのカタログスペックについて カタログスペックは販売元のサイトに記載がありました。 現在は販売されていない車種なので情報を […]

  • 2021/09/17
  • 2022/02/23

走り出しが重いクロスバイクのタイヤが嫌になった人に最適のタイヤ交換

クロスバイクはロードバイクとマウンテンバイクの中間に位置します。 とはいっても、どちらかというとマウンテンバイクに近い印象があります。 ブランドや車種にもよりますが、街乗り重視のチャオは、やっぱりマウンテンバイク寄りです。 今日のレッスン Calamita ciaoについている純正装備のタイヤ Calamitaチャオを新品で買うと、KENDAというメーカーのタイヤがついています。 KENDAという […]

  • 2021/09/15
  • 2022/02/20

クロスバイクでも安全のためにヘルメットをつけたほうが安心できます

最近はスポーツタイプの自転車で通勤・通学する人が増えてきました。 スピードもかなり出ます、車道を走らなければいけない道もあり、道路上の危険から自分を守るためにも、ヘルメットは必要です。 今日のレッスン ヘルメットをつけていないと法律違反なの? 小さいころに親や学校から「ヘルメットはきちんとかぶりなさい」と言われました。 そう言われるということは、法律で決められているからって思っている人も多いはずで […]

  • 2021/09/14
  • 2022/02/21

クロスバイクならディレイラーのグレードはあまり気にしなくて大丈夫

クロスバイクやロードバイクの価格を決める大きな要素の1つがディレイラーと言われています。 フロントシングルのチャオにも、ディレイラーはきちんと付いています。 みなさんのクロスバイクにはいったいどんなものが付いているでしょうか。 今日のレッスン ディレイラーという自転車パーツについて ディレイラーとはギアの変更をおこなう変速機のことです。 チャオはフロントが1枚のフロントシングルの自転車でした。フロ […]

  • 2021/09/14
  • 2022/02/20

人生初のクロスバイクに選んだのはカラミータというブランドのチャオ

Calamita(カラミータ)というブランドは正直あまり知られていないのかもしれません。 ロードバイク、クロスバイクともにラインナップはありますが、スポーツ自転車ショップの駐輪場や、自転車のイベントでは見かけたことがありません。 そう考えると、けっこうレアな存在のブランドなのかもしれません。 今日のレッスン Calamita(カラミータ)というブランドについて カラミータというブランド名ってあまり […]