樹脂製ボトルケージは破損しやすいのでアルミ製をオススメします

必ず付いていないといけないよというパーツではありませんが、あった方が間違いなく便利だというパーツの中にボトルケージがあります。いろんなブランドから、いろんな形状のものが販売されていますので、どれにしようかと迷うことも多いですよね。

今日のレッスン

いろんなボトルケージが販売されていますが、どんなものを選んだらいいんですか?

たしかに多くのラインナップがあるけど、しっかりした材質のものを選ぶべきだと思うよ

ボトルケージというパーツについて

ボトルケージってなにに使われるパーツなんですか?

ケージはcageと書いて「カゴ」を意味するんだよ、入れておくカゴということなんだ。

ボトルケージというのはドリンクボトルをホールドしておくパーツのことを言うんだ。だから、手持ちのドリンクボトルを入れておくカゴみたいなイメージで全く問題ないんだよ。

フレームの中でも、ダウンチューブと呼ばれるところとシートチューブと呼ばれるところにそれぞれネジ穴(2ケ所)があるので、そこに簡単に取り付けることができるんだ。六角レンチさえあれば、数分で作業はできちゃうよ。

ハンドルからフロントタイヤとは逆方向に斜めに下りているのがダウンチューブ、シートから伸びてダウンチューブと交わっているのがシートチューブっていうから覚えておくといいよ。

樹脂製のボトルケージがオススメできない理由

材質による違いってなにかあるんですか?

重さはほとんど変わらないんだけど、強度が少し違うんだ

樹脂製のボトルケージは強度という面では少し不安もあるんだよ。

駐輪場でたまたまほかの自転車が倒れてきて当たってしまったり、走行中に路面から受ける衝撃が伝わって折れてしまったり、経年劣化も金属製のものより早かったりするんだ。

こうやって見てみると、取り付けてあるベースに近いところが折れるケースが多いみたいだね。

オススメは金属製のボトルケージ

じゃあ、オススメは何かありますか?

やっぱり長い目でみると金属製のボトルケージが断然オススメだよ

やっぱり強度の面では金属製(アルミ製)のボトルケージがおすすめだよ。

そして、買うときにもう1点気を付けた方がいいのが、ボトルの抜き差しのしやすさだよ。ボトルケージが新品だから余計かもしれないけど、たまに抜き差しがしにくくて、硬すぎたり、途中で引っかかってしまったりするのも結構あるんだ。

手持ちのボトルか、お店に陳列しているものを使って確かめてみるといいよ。

created by Rinker
MASSLOAD(マスロード)
¥1,565(2021/11/28 09:36:21時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
MASSLOAD(マスロード)
¥1,100(2021/11/28 09:36:21時点 Amazon調べ-詳細)

チャオ先生はMASSLOADというブランドのものが値段的にも使い心地もしっくりきたので白ベースに赤色を使っているんだ。

【まとめ】ボトルケージのコスパが高いのは金属製タイプ

樹脂製の方が安く売られているのでコスパが高いように思われがちだけど、壊れたりすることを考えるとやっぱり金属製のボトルケージの方が断然オススメなんだ。

長く使うなら、やっぱり耐久性の方を重視した方がいいかもしれないね。

金属製でも樹脂製のボトルケージをほとんど重さは変わらないから、車体が重たくなってしまったなんてこともないし、頑丈だし、デメリットはないんだ。ボトルケージを付けることで、掃除のときに手が届かないところも出てくるので、定期的に外して掃除してあげることをオススメするよ。

自転車に乗るのは好きだけど、イジるのはちょっと苦手だなって思う人でも数分で取り付けができるので、チャレンジしてみるのもいいと思うよ。

ボトルケージについて教えてもらいました。出費を安く抑えようと思って樹脂製のボトルケージを買ったとしても壊れやすくて、買い替えの回数が増えるのなら金属製の方を買うべきだと思いました。あとは自分の好みのボトルケージを見つけるだけですね。

created by Rinker
POLAR(ポーラー)
¥2,550(2021/11/28 09:36:23時点 Amazon調べ-詳細)
最新情報をチェックしよう!